あなたは免疫についてどれくらい知っていますか?
病原体からからだを守ってくれる免疫は、
私たちにとってなくてはならないものです。
知っているようで知らない免疫について、詳しく見てみましょう。

  • 免疫ってなんだ?
    免疫とは、私たちの健康を維持するために欠かせない「からだのバリア」のこと。ウイルスや細菌などの病原体の体内への侵入を防ぐ、侵入した敵と戦う、壊れた組織を修復する、といった役割を担っています。
  • 免疫にはどんな種類があるの?
    免疫には、生まれつきからだに備わっている「自然免疫」と、異物に応じた攻撃方法を記憶する後天的な仕組みである「獲得免疫」の2種類があります。「自然免疫」は、病原体をいち早く察知して攻撃することで、体内から病原菌を排除します。一方の「獲得免疫」は、自然免疫が苦手とする血液中の小さい病原体や、細胞の中に入り込んだ病原体に作用します。一度体内に侵入した病原体の情報を記憶し、再侵入時に対応できるようにするのも「獲得免疫」の役割です。
  • 生まれつき持っている「自然免疫」って?
    体内に侵入した外敵に対し、最初に攻撃を仕掛けるのが「自然免疫」。からだに入ってきた異物を食べる「好中球」や「マクロファージ」、寄生虫からからだを守る「好酸球」や「好塩基球」、異物を他の細胞に伝える「樹状細胞」、ウイルスやがん細胞を処理する「NK細胞」から成ります。これらの免疫細胞が常に体内をパトロールしてくれているおかげで、私たちのからだは病気から守られているのです。
  • 生まれた後で獲得した「獲得免疫」って?
    「獲得免疫」には、体内に侵入した異物に対する抗体を持つ「B細胞」、抗体を作って自然免疫の働きを助ける「形質細胞」、B細胞とともに異物を判定し、攻撃の戦略を練る「ヘルパーT細胞」、ウイルスに感染した細胞を破壊する「キラーT細胞」、各細胞の暴走を止める「制御性T細胞」、一度侵入した病原体の情報を記録する「メモリーB細胞」が関与します。これらが作用し合うことで、私たちは一度かかった病気にかかりにくくなるのです。
  • 「抗体」はどうやってできるの?
    体内に侵入してきた異物に対して「獲得免疫」が作用すると、「抗体」が作られます。異物の情報が記録され、次回以降、からだに侵入してきても排除されるようになるのです。たとえば感染症の予防接種は、意図的に「抗体」を作り出している状態です。しかし、安全な食べ物などに対しても、誤って抗体が作られてしまうことがあります。それが「アレルギー」や「自己免疫疾患」。これらは「獲得免疫」がはたらきすぎることで引き起こされます。ですから、免疫にはバランスが重要です。
  • 最近よく聞く「サイトカインストーム」って?
    「サイトカインストーム」は、免疫部隊の暴走によって起こります。免疫力がないと細菌やウイルスからからだを守れませんが、高すぎると、本来は異物に向けるはずの武器を自分自身に乱射してしまいます。その結果、機能障害や細胞・組織の崩壊が起こり、最悪の場合、多臓器不全に陥るのです。
  • 免疫力は年齢によって変化するの?
    免疫力は思春期〜20歳頃まで上昇し、その後は年齢とともに低下していきます。その理由は、加齢によりT細胞とB細胞の活性が低下してしまうから。免疫の低下を抑えることができませんが、ゆるやかにするためには、栄養バランスの良い食事を適量だけ摂ること、適度に運動を続けること、ストレスをためないことが大切です。
  • 免疫力を高めるために、何をしたらいいの?
    免疫力アップには、栄養バランスの取れた食事・適度な運動・十分な睡眠が不可欠。バランスの取れた生活こそが、免疫力を維持する基本なのです。加えて、免疫力に作用する成分をサプリメントなどで適切に摂取するといいでしょう。